近畿名物・名品

TOP サイトマップ
ご利用案内
会社概要
サービス案内
お問合せ
リンク

B型肝炎の原因と予防接種の間隔について
B型肝炎の原因は、B型肝炎ウイルスをもった母親から分娩時に子供にうつる母子感染や、身近な家族や友人にキャリアの人がいる場合、何らかの原因で血液感染したり、性行為、輸血などにより感染します。

B型肝炎ウイルス保有者の中には、自覚症状がないまま、自分がキャリアであると知らない人も多く、外国では予防接種が推奨されています。

日本では、母親がキャリアの場合、健康保険が適応になり、生後1週間以内に予防のため免疫グロブリンを接種します。それ以外の人の予防接種は任意になり、通常は3回接種します。

1回目の接種から1か月後に2回目、さらに5〜6か月後に3回目という間隔で行います。

3回目が終わったのち、血液検査で抗体ができているかどうか調べて、できていなければ追加でもう1回というスケジュールになります。

B型肝炎の訴訟
相談したいB型肝炎給付金
原因とB型肝炎の薬剤
B型肝炎訴訟と弁護士費用
英会話や企業語学研修
TOEIC試験、翻訳
二重まぶた
非常勤の医師
バイト求人募集情報
不動産売却・賃貸マンション
カーテンとオーダーカーテン
ホームページ制作とseo
ギフト・プリザーブドフラワー
エステ・美容外科
B型肝炎の訴訟費用
大阪でバスケ
B型肝炎と予防接種
医師の募集要項
交通事故弁護士

 

Copyright(C)2007 TKT,Inc. All Rights Reserved.